デジタルマーケティング重要用語

デジマストラテジー

【厳選】デジタルマーケティングをよりよく理解するための107語

 

この記事の内容でわかる事

  • この記事を読むとデジタルマーケティングで登場する重要な用語が理解出来ます

この記事の執筆者


当記事執筆のTylerはマーケティング経験が20年超のベテラン(大半が米国)。
米国にてMBA、その後Northwestern大学にてデジタルマーケティングを含む
マーケティングの過程を修了していて、多彩な業種に対してのマーケティング
の知見を保有。 また各デジマツールにおけるGoogleのCertificationを取得しています。

 

今日はデジタルマーケティングで出てくる用語について解説します。

特にGoogle Analytics等で出てくる用語は特殊な略称も多く理解し辛いと思いますので、 これを気に理解しましょう。  

 

デジタルマーケティング用語107語一気に解説!

Ad Extensions Google Ads広告に追加されるレビュー、住所、価格、Appダウンロード、サイトリンク、電話番号など広告をより 情報豊かにする拡張情報箇所。一般的には通常の広告よりもクリック率が高い
Ad Manager Account Facebookの広告を施行出来る管理アカウント
Ad Network 広告を相互に掲載できる広告ネットワーク。例えば、サーチネットワークとディスプレイネットワークを持つ
Adwords (Google Adwords) Googleの持つ、広告設置プラットフォーム。作成された広告はGoogleのサーチ結果画面、YouTube、Google Ads network内で掲載される
Alt Text (or Alternative Text) HTML内における画像などの属性情報で、画像が表示されない場合に当テキストに置換られる。SEO対策としてもWebサイト中の全ての画像にはAlt textとそのDescriptionは記載したほうがよいとされている
Analytics (or Google Analytics) Googleアカウントがあれば無料で使用出来る分析サイト、サイトのアカウントを設定し、サイトへの訪問者のトラフィックについて分析出来る
Anchor Text アンカーテキストとはWebサイト内でリンクを付加したテキスト部分の事。SEO対策としてもこのリンクを持つテキスト部分については記事の内容等がわかるテキスト にする事がよりGoogleに内容を伝える役割を果たし良いとされている。単に”ここ”や”ここをクリック”などのようなテキストはSEOの効果はないので、リンクを付すテキスト部分は最適化すべき
Adsense (Google Adsense) Googleアドセンスに登録する事により自Webサイト内でGoogle networkの広告を掲載し、サイト訪問者のクリックに応じて広告料を稼ぐ事が出来る
Algorithm デジマ上でAlgorithmというと、Googleの検索システム内のAlgorithmを指す事が多い。Algorithmは検索システムがある一定の法則であり、このアップデートがあるとWebサイトのランキングに大きく影響を与える
Algorithm Update デジマ上ではGooogle検索システムの検索の法則の事であり、マイナーなアップデートは年に数百行われており、メジャーなアップデートも年に数回行われている
Backlink バックリンクは他のサイト内にて自サイトのURLがhrefコードとして記載されている事で、この数が多いとGoogleは信頼度の高いサイトと判断しオーガニック検索でのランキングを上位にする重要なファクターである
Banner Ad

所謂、画像リンク形式になっている広告であり、下記のような様々なサイズが存在する

250 x 250 – Square
200 x 200 – Small Square
468 x 60 – Banner
728 x 90 – Leader board
300 x 250 – Inline Rectangle
336 x 280 – Large Rectangle
120 x 600 – Skyscraper
160 x 600 – Wide Skyscraper
300 x 600 – Half-Page Ad
970 x 90 – Large Leader board

 

Black Hat SEO 非倫理的なSEOの俗語である。記事のコピー、フェイクのバックリンクの大量作成などを元に検索ランキングを作用しようとするSEO
Bot GoogleがWebサイトを自動的に訪問してサイトをIndexに登録する。通常、クローラーやスパイダーと呼ばれている
Bounce Rate(直帰率) Webサイトを訪れた訪問者が他のページなどに訪問せずにサイトを離れてしまう率
Bread Crumbs(パンくずリスト) Webサイト訪問者がサイトのどの部分にいるのか視覚的にディレクトリを表示するリストの事。 Home > Services > Specific Serviceのように。SEO対策としても効果があると言われている
Business Manager Facebookのプラットフォームで複数のページや広告を管理する事が出来る機能
Campaign キャンペーンとは1セットの広告テーマの括り。例えば別の商品や同じ商品でも違うセットの広告する場合、キャンペーンを分けたりする。 基本的には同じテーマのキャンペーンでの効果や結果を測定しやすくするためである
Canonical (rel=canonical) HTMLのHeadに記載されるサイトの複製を防ぐ為のコード
Click-Through-Rate 通常CTRと呼ばれ、クリックスルー率とも呼ばれる。サイトの表示回数に対して何度クリックされたかという率を示す
Code プログラミング言語の意。Webサイト構築には通常HTML, CSS, Java ScriptとPHPが使用される
Contact Form Webサイト内に設置されるサイトオーナーにコンタクトするためのフォーム、CTAとして潜在客Lead収集の為に名前、Eメールアドレス、電話番号などを収集する事が多い
Conversion コンバージョンとは予め前もって設定された目標・ゴール。例えばNewsletterの新規購読者数や無料レポートのダウンロード数など
Conversion Rate 説明は上述の通り、計算方法は全訪問者数に対してコンバージョンの発生数
CPA (Cost Per Acquisition) 一人の顧客獲得の為にいくらコストがかかったかを表す。当然CPAがより低い方が効率よく顧客を獲得出来ている事になる
Cookie 訪問したWebサイトから自デバイスに送信され自デバイス内で保存されるデータ。訪問したWebサイトは自デバイスが当データを持っているかどうかで再訪問者か どうか確認できる。最近はリターゲッティングマーケティングによく使用されている
CPC (Cost Per Click) 文字通りGoogle広告のようなクリック課金型の広告を出す場合のクリック毎のコスト。Google広告の場合、競争率の低いキーワードの場合はCPCは$1又はそれ以下 だが、競争率の高いキーワードになると$100になる事もある
CPM CPMはCost Per Millの意で、広告表示1000回あたりのコストを示しています。CPCは実際にクリックを獲得する際のコストで、CPMは表示回数に対してのコスト の為、日本ではインプレッションコストとも呼ばれます
Crawler Botの俗称です。Webサイトを訪問して新しいコンテンツや記事などを確認してIndexに加えます。Spiderとも呼ばれます。
CRO (Conversion Rate Optimization) コンバージョン率を向上させる為の施策で心理学的な部分からサイトのデザイン性、UXに至るまで様々な箇所が検討課題となり、訪問者の行動分析から改善が催されます A/Bテストなどを行ってより効果の高い広告をテストしていきます
CSS CSSはHTMLで記載されたサイトにデザインを加える言語です。通常はHTMLから呼び出される形で適用されます
CTA (Call to Action) Webサイト等に設置された訪問者を誘導する施策。例えば無料レポートをダウンロードさせる為にコンタクト情報を入力させたりなど、行動を喚起する事で訪問者の情報を得る為のサイト施策
CTR (Click Through Rate) クリックスルー率は全表示件数の内、どれだけクリックされたかという率を表す
Dark Web (or Dark Net) ダークウェブは検索エンジンによってIndexされていないWebサイト又はサーバーを使用し、アクセスするのに特別なソフト等を必要とする。違法な行為・取引・情報を含んでいる事が多い
Deep Web ダークウェブと同様に検索エンジンによってIndexされていないサイト類だかダークウェブのように違法な行為や情報を含まないWebの事
Digital Assistant SiriやAlexaに代表されるデジタル上のバーチャルアシスタント機能であり、蓄積されているデータから回答する事が出来す。また当機能を経由し家電などの操作を遠隔から可能にするなど今後のさらなる発展が期待出来る分野
Directory 様々なWebサイトをテーマ毎にカテゴライズしリスト化しているサイト
Display Ads GoogleのAdsネットワークで表示される広告の種類であり、画像、Flashビデオ、音声なども含まれている
Display Network Googleのディスプレイ広告ネットワーク。ディスプレイ広告は2百万Webサイト、90%以上のオンラインの人々に届くといわれている
DNS Domain Name Systemの意。簡単に言えばURLをIPアドレス形式に変換するプロトコル
E commerce (or E-Commerce) 一般的にWebサイト上で商品を販売している小売りサイト
Email Automation 何かしらの前もって定義したトリガーに従って、自動的に自動メールを送信するシステム。専用のメーリングシステムを使用する
Email Marketing 取得した潜在客のメールアドレス宛にダイレクトにメールを送信して行うマーケティング手法
Engagement Viwerの何かしらのアクションの総称。例えばLikeを押す、シェアする、コメントするなど
Facebook Ads Manager Facebookで広告を作成したり管理するプラットフォームであり、広告の成果をトラッキングして確認する事が出来る
Featured Snippet Googleによって要約されるWebサイトの概要で、検索エンジンでの検索結果に表示される
FTP (File Transfer Protocol) File Transfer Protocolの意でWebサイト情報ファイルをサーバー側に転送する際などに使用される
Google Chrome Security Warnings 2017年10月よりGoogleはSSL認証の取得を全Webサイトに推奨し、SSL認証の無いWebサイトに当Security Warningを送信した
Google Maps ご存じGoogleマップ。現在では地図だけの機能だけでなく、小売りやスモールビジネスなどの検索にも使用され、以前よりも活用が大幅に広がっている。 スマホの流通が当Appの利用を向上させており、今後さらなる発展が期待されるApp
Google My Business ビジネスオーナー向けの会社や店を登録し、Google Mapや検索エンジン等に情報が検索されるようにする事が出来る 所謂Local SEOではメインとなる機能を果たし、お店の情報だけでなくお客さんのレビューなどともリンクする
Google Partner Agency Googleによって課された一定の要求を果たした広告エージェントに授与される認証である
Google Hummingbird Googleのメインアップデートの名称。このアップデートでは検索クエリの解釈の方法がアップデートされた
Google Panda Googleのメインアップデートの名称。このアップデートではWebサイトの品質確認についてアップデートされた
Google Penguin Googleのメインアップデートの名称。このアップデートではWebサイトのバックリンクの品質についてのアップデートがされた
Google Pigeon Googleのメインアップデートの名称。このアップデートではWebサイト検索においてローカルの店や会社が優先され表示されるようなアップデートが催された
Google Reviews Google My Businessに残されたお客さんのレビュー。レビューは1~5で点数が付けられ、その結果はSEOランキングに反映される
Google Search Console Google Analyticsと違い、トラフィックを確認するのではなく、Webサイトに到達するまでの検索キーワードや、Index化されているページの数やエラーなどを知る事が出来る
Google Tag Manager 複数のJava scriptやHTMLのトラッキングタグを一括管理し、管理を容易にする
GCLID Google Click Identifierの意。小さな数値列でユニークなIDをVisitorに設定し、そのIDの活動を記録するために使用し、Google Analyticsでトラック出来る
Header Code HTMLのHeaderコード。通常は使用する事があまりないが、AnalyticsのコードやAdwardsのコード、その他トラッキングコードの穴埋めに使用する
HTML Hyper Text Markup Languageの略。Webサイト構造をWebブラウザに提供し、ブラウザに表示するための言語
HTTP Hyper Text Transfer Protocolの意。Wourld wide web内で使用されるWebサーバとWebクライアント内でデータの遣り取りをするためのプロトコル
HTTPS HTTPのセキュリティ強化バージョンであり、データは暗号化される事によって安全に送受信される
Impression 広告等の指標として使用される。何度広告が表示されたかを示す数値データ
Inbound Marketing インバウンドマーケティングはWebサイト、ランディングページ、オウンドコンテンツなどのコンテンツに潜在客を引き込むマーケティング手法。一方、メールマーケティングなどはアウトバウンドマーケティングと呼ばれる
Index 現在では一般的にデジマではGoogleが持つWebサイトの登録サイト
Javascript Java scriptはWebブラウザ上で稼働する言語でHTMLやCSSだけでは表示・表現不可能な動的デザインを表示させる能力を持つ言語
Landing Page 通常、マーケティング内でリードジェネレーションの為に用意されたWebサイトで潜在客をより引き付けコンバージョンに繋げる為の特定の目的を持ったサイト
Lead マーケティング活動で得た潜在客の意  
Lookalike Audience Facebook広告のTargetingのオプションの1つ。オーディエンスの行動(自ページへのLikeなど)を通して、また他のオーディエンスとの共通性からFacebookが判断した潜在客になり得るオーディエンス
Long Tail Keyword ロングテイルキーワードはSEOでも重要な考え方でいくつかのWordを繋げてより競合の低い分野狙う為のキーワード戦略
Map Pack Google検索結果内のセクション。ローカルビジネス情報が地図と一緒に表示される
Metadata クローラーやBotの為にWebサイトがどのような情報を含んでいるかを簡潔に説明したショートテキスト情報
Meta Description 160字以内で記録されているWebサイト情報の要約。SEOでも大切な部分で検索エンジンからの結果に表示されるサイト情報
Meta Keywords HTMLのHead内に記載される特定のキーワードタグ。現在ではSEO上の効果は低いと言われています
Nofollow クローラーや検索エンジンに特定のWebサイトページを追跡させないようにするHead内に記載されるタグ
Organic GoogleなどのWeb検索ブラウザでの自然検索。SEO施策で上位表示を可能にする
PBN (Private Blog Network) Link Networkとも呼ばれる。プライベートなブログの登録リストしているサイト
PPC / Pay-Per-Click クリック課金制の事。Google Adsenseは基本的にPPC
Penalty Googleのガイドラインに従っていない為に課されるペナルティで、Search Console内で確認が出来るのでペナルティを課される前に修正する事が出来る。 修正されない場合は検索結果で著しくランキングを落とす
Quality Score Google広告内で決定されるPPCキャンペーン内での品質スコア。検索キーワードとの関連性、ランディングページのクオリティ等からランク付けされる。 当スコアが高いほど広告表示ランキングで上位になる
Redirect Webサイト訪問者を自動的に別のページに案内する為の機能
Referral Google Analyticsで使用されるメトリックス。他のWebサイト内のリンク等から自サイトに訪問してきた場合、Referralからのトラフィック。逆にDirectの場合はお気に入りフォルダから訪問してきたり、直接URLを入力する事で訪問してくる方法
Remarketing/Retargeting 広告戦略の1つで一度Webサイトに訪れた事のある潜在客に対して、再度広告を出す施策
Responsive Web Design アクセスするデバイス機器の画面サイズに関わらずWebサイト幅をフレキシブル表示させるデザイン
ROAS Return on Ad spendの意。広告費に対しての利益を表すROIと意味は近い
Robots.txt クローラーがサイトを認識する為の基本ルールを記載したテキストファイルでWebサーバー上で保存される
ROI Return on Investmentの意。どれだけの投資費用を投じて利益を得る事が出来たかの比率
RSS Really Simple Syndicationの略。複数のWebサイト、ブログなどを一括して1つのプラットフォームでアップデートを管理する事が出来る
Search Engine 検索されたキーワードを元にIndex化された情報から検索結果を返すプログラム Ex. Google, Yahoo, Bingなど
SEM (Search Engine Marketing) Search Engine Marketingの略。検索エンジンを利用して関連が近いキーワードが検索された際に検索結果に広告を表示するスタイルの広告
SEO (Search Engine Optimization) SEMと違い、自然検索の際に上位に結果を表示するためにランキング上の順位を改善する技術
Sessions 基本的には訪問者数と同義だが、Googleの場合は同訪問者でも日付が違う場合、30分以上経てまた同サイトを訪れた場合は別セッションとカウントするなどプラットフォーム特有の決まりがある
Sitelink Google広告のExtension情報の1つ
Sitemap 所謂サイトマップ。XML形式でGoogleのクローラーにサイト情報を効率的に渡してあげる目的の者と、サイトへの実際の訪問者用に用意されたサイトの構造を紹介する為の2つが存在している
Source Google Analytics上でサイトへの訪問の際にその元になったサイト等の事をSourceと呼んでいる
Spam 良い意味と悪い意味の両方が存在しているSpamですが、デジマではWebサイトへ悪い影響を与えるデータや所謂ブラックハットSEOでの品質の悪いバックリンクなどを指します
SSL Certificate HTTPSプロトコルを使用する為にウェブサーバーに加えられる小さなデータファイル。ユーザーを特定した証明を発行する事によりクレジットカードの取引などを可能にする
Tag Webサイトやブログ等で違う記事同士を一つのキーワードで束ねる、又は種類分けするマーカー的なもの
Title Tag Webサイトのトップに来るサイトタイトル
Tracking Code WebサイトのHTML内のHead, footer 又は特定のページに追加されるコード。このコードを元にGoogle Analytics等で詳細なトラッキングを行う事が出来る
Unique Visitors 基本的には同一訪問者の意。IPアドレスを元に同一ユーザーかどうかを判断している
URL Uniform Resource Locatorの意。URLは一つのページに一つ存在するWeb上でのロケーションを表すアドレスである
UI User Interfaceの意。ユーザーが情報を得たり、データを入力したりするインターフェース。理解しやすく入力しやすいインタフェースが使いやすく、良いサイトとである
UX User Experienceの意。サイトへ訪れたユーザーがどのような経験をするかに基づいた考え方。ページのレイアウト、CTAの設置場所や方法、色などに至るまでコンバージョンを高める為に検討される
Visitors Google Analytics内での訪問者の意
White Hat SEO ブラックハットSEOの逆で非倫理的な方法でランキング上位に表示しようとするような行為をしない純粋なSEO

 

これらの用語を一通り理解したところで、デジマ全体を理解する記事やデジマ施策のプロセス解説のを読んで頂けると更に理解が深まるかと思いますので、是非参考にして下さい。

【2020年最新版】デジタルマーケティングとは?これからのマーケティングのトレンドを完全理解

  ◆この記事の内容でわかる事 デジタルマーケティングとは何か デジタルマーケティングとWebマーケティングの違い デジタルマーケティングと従来のトラディショナルマーケティングの違いとメリット・デメリ ...

続きを見る

 

デジタルマーケティングプロセス完全理解
【必読】11ステップでデジタルマーケティングのプロセスを完全理解

  ◆この記事の内容でわかる事 デジタルマーケティング施策の検討と実施の流れ 施策検討の各ステップでの重要なポイント ◆この記事の執筆者 当記事執筆のTylerはマーケティング経験が20年超のベテラン ...

続きを見る

 

 

 

まとめ

今回はデジマで登場する重要な用語107語を厳選して解説しました。

用語は常に新しいものが出てきますし、常にアップデートが必要ですが、この107語をさくっと呼んだだけでも 大体イメージは掴めたのではないでしょうか。


次回からは今、個人的に大注目しているローカルSEOについて数回の連載で解説して行きたいと思っていますので、ご期待下さいね。  

Googleマイビジネスのベネフィット
【完全版】Googleマイビジネスを利用する10のメリット

  ◆この記事の内容でわかる事 この記事を読むとGoogleマイビジネスを利用するローカルSEO(MEO)のベネフィットについて理解出来ます ◆この記事の執筆者 当記事執筆のTylerはマー ...

続きを見る

 

 

 

-デジマストラテジー
-,

© 2020 デジマ堂 亜米利加支店